投稿

オンライン学習会第4回 原発避難者が置かれている住宅問題とは? 熊本美禰子さん 8/28 16:00~

イメージ
避難の協同センターオンライン学習会 第4回 避難者が置かれている住宅問題とは? お話し 熊本美禰子さん(避難の協同センター代表世話人・福島県田村市から都内に避難) 8月28日(日)16:00~ 申込は以下から https://bit.ly/3A6sgti

オンライン学習会第3回 11年目の飯舘から原発事故の実情 伊藤延由さん

イメージ
 オンライン学習会の第3回は「11年目の飯舘から原発事故の実情」お話しは飯舘村村民で元いいたてふぁーむの伊藤延由さんです。 7月23日(土)10時~ 無料です。お気軽にご参加ください! お申込みはこちら https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScf_Y31c1bh573MNBe0P5djHrzemMMqlCGjwvg1p6fHy9EWBw/viewform

<情報>原発事故避難者住まいの権利裁判決起集会7月15日14時 衆議院第一議員会館

イメージ
7月25日 12時30分東京地裁前集合 原発避難者住まいの権利裁判 第1回法廷 7月15日 14時~ 決起集会 衆議院第一議員会館 国際会議場

オンライン学習会 みんなの海を汚さないで!福島原発事故の汚染水はどうなる?

イメージ
 避難の協同センター オンライン学習会 第二弾は福島原発事故の汚染水問題です。 アーカイブ以下よりご覧いただけます。

<情報>さよなら原発 発事故避難者住まいの権利裁判についてのオンライン学習会

イメージ
オンライン学習会 11年前の原発事故によって国家公務員住宅に避難区域外から避難し、期限とされた2019年3月末で退去できなかった世帯に対し、福島県は、家賃+駐車場代の2倍相当の損害金を請求し続け、退去届の提出を求め続けている。親族宅にも訪問して退去を迫り、家族の分断をはかりました。 このように原発事故被害者である避難者に対し個別に圧力を加え、追い込むことは、避難の権利のみならず、生存権・居住権侵害に相当し、権利の乱用です。 【原発事故避難者住まいの権利裁判で求めること】 1))避難者の生活実態や意向を把握することなく「原発事故子ども被災者支援法」「国内避難民指導原則」に反して2017年3月末で区域外避難者に対する応急仮設住宅の供与(住宅無償提供)を終了させた」ことは「国際人権法」に照らしても違法であり、その後も住宅支援をすべて打ち切り、更なる生活困難に追い込んだ違法性 2)福島県が避難先で災害復興住宅を建設しなかった違法性 3)2019年4月1日以降、避難者の合意を得ることもなく一方的に継続入居を拒否し 退去できなかった避難者に、「不正入居者」とみなし2倍相当の損害金請求をおこない 続けるなど、嫌がらせをした違法性。

オンライン学習会 原発事故避難者とは、そして帰らない選択とは

イメージ
https://youtu.be/z3fitPaxg8E   避難の協同センター オンライン学習会 福島原発事故から11年。避難の協同センター共同代表世話人の村田弘さんは、福島第一原 発から16キロの福島県南相馬市で育ち、同市小高区の自宅で被災し、横浜市に避難しまし た。村田さんの避難先での思い、訴訟活動などについて伺います。 問合せ hinangakushu@gmail.com

避難の協同センター

イメージ
避難の協同センターは東電原発事故避難者の生活支援、居住支援活動を連携団体と共にすすめています。 162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12明成ビル302市民プラザ内 ご相談はこちらから 電話 070-3185-0311 FAX 03-5225-7214  Email hinankyodo@gmail.com 活動報告・活動方針はこちらから 避難の協同センターニュース2020年度総会特集号