投稿

<情報>さよなら原発 発事故避難者住まいの権利裁判についてのオンライン学習会

イメージ
オンライン学習会 11年前の原発事故によって国家公務員住宅に避難区域外から避難し、期限とされた2019年3月末で退去できなかった世帯に対し、福島県は、家賃+駐車場代の2倍相当の損害金を請求し続け、退去届の提出を求め続けている。親族宅にも訪問して退去を迫り、家族の分断をはかりました。 このように原発事故被害者である避難者に対し個別に圧力を加え、追い込むことは、避難の権利のみならず、生存権・居住権侵害に相当し、権利の乱用です。 【原発事故避難者住まいの権利裁判で求めること】 1))避難者の生活実態や意向を把握することなく「原発事故子ども被災者支援法」「国内避難民指導原則」に反して2017年3月末で区域外避難者に対する応急仮設住宅の供与(住宅無償提供)を終了させた」ことは「国際人権法」に照らしても違法であり、その後も住宅支援をすべて打ち切り、更なる生活困難に追い込んだ違法性 2)福島県が避難先で災害復興住宅を建設しなかった違法性 3)2019年4月1日以降、避難者の合意を得ることもなく一方的に継続入居を拒否し 退去できなかった避難者に、「不正入居者」とみなし2倍相当の損害金請求をおこない 続けるなど、嫌がらせをした違法性。

オンライン学習会 原発事故避難者とは、そして帰らない選択とは

イメージ
https://youtu.be/z3fitPaxg8E   避難の協同センター オンライン学習会 福島原発事故から11年。避難の協同センター共同代表世話人の村田弘さんは、福島第一原 発から16キロの福島県南相馬市で育ち、同市小高区の自宅で被災し、横浜市に避難しまし た。村田さんの避難先での思い、訴訟活動などについて伺います。 問合せ hinangakushu@gmail.com

避難の協同センター

イメージ
避難の協同センターは東電原発事故避難者の生活支援、居住支援活動を連携団体と共にすすめています。 162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12明成ビル302市民プラザ内 ご相談はこちらから 電話 070-3185-0311 FAX 03-5225-7214  Email hinankyodo@gmail.com 活動報告・活動方針はこちらから 避難の協同センターニュース2020年度総会特集号

<情報>原発避難者住まいの権利裁判提訴行動

イメージ
福島原発事故から12年目の3月11日、11名の避難者が住まいの権利を求めて裁判に訴えました。 避難区域外から国家公務員住宅に避難した世帯に対し、福島県は家賃2倍相当の「懲罰金」を請求し退去を迫っています。このような追い立ては、生存権、居住権の侵害だとして提訴に踏み切りました。 避難の協同センターは、裁判を支援する会の一員としてこの裁判を応援しています。

保養プログラム「つながる福島&スキー・スノボぽかぽか」

イメージ
避難の共同センター主催「つながる福島&スキー・スノボぽかぽか」 岡田めぐみ 2021 年 12 月 27 日~ 12 月 29 日の 3 日間、原発事故当時、子どもを連れてさまざまな選択をした親、そして子どもだった世代との交流のため、 FoE Japan と共に保養プログラムに加え、「つながる福島」座談会を企画しました。 私自身、原発事故が起き幼子 2 人と妊娠中に避難をし、懸命に子育てをし、 10 年という月日が経過しました。あの時、お腹にいた子どもが 10 歳になり、あの事故が全くの記憶にない世代が大きくなってきているということに、とても不安を感じていました。子ども目線で、原発事故を知らないということは、あれだけの事故を起こした原発を子どもたちが容認してしまうのではないかという危機感を感じたのです。 「忘れてはいけない」から「伝えていかなければいけない」に移行しなければ、 被害を縮小し、廃炉作業や原発再稼働という負の遺産を残し、どうしてあの時原発を止めてくれなかったのかという、先人の絶望感へと変わっていってしまう。それだけは、なんとかして食い止めなくてはならない、私たちにできることはないかという想いでした。 座談会の中での内容は、親子では伝えにくいことを他の大人から聞くこと、また同世代から共感きることがあると考え、 1 日目は全体(年代を超えて)で話しあいを、 2 日目は、大学生以上のグループ、中高生のグループ分けて話し合いをしました。 大学生は当時小・中学生だった世代・中校生は当時幼児だった世代、同じ子どもでも小・中学生った子どもたちと、幼児だった子ども達とでは、体験も記憶も全く違っており、原発事故への意識がとても違うことに驚きました。例えば、小中学生は、マスク登校していたことや、プールに入れなかったこと、暑い夏も窓を閉め切っての授業をはっきりと覚えています。幼児は外遊びができなかったため、遊び方がわからない。親にマスクをしろと言われた。木が枯れた。など何となくおぼろげな記憶と、親がそのことに一生懸命だった姿を認識していました。 「伝えていかなければいけない」とは、その世代・体験・環境によってさまざまな意識の違いが見えてきました。そして、宿泊を通して、時間を多く共有することにより、安心・話してもよい場を作ることができ、今後、何をしていったらよいのか、何が大